あびのブログ

THINGi

私がTHINGiファシリテーターになった理由。

あびちゃん
あびちゃん
こんにちは、趣味から副業ファシリテーターのあびちゃんです。

実は、昨日(2021/06/06※忘れないように書いとく!笑)に、
私のTHINGiのワークショップから初めて2人、THINGiファシリテーターさんが誕生したのです。
↓この会です😃!!↓

しかも、そのうちのお一人はプライベートでも仲良くさせていただいているAさんで、もう一人BさんもAさんのお友達で、とっても素敵な方でした。(Bさんとは一緒にサーフィンにいく約束もしちゃった!w)

そもそも、なんでこんなに感動しているかというとですね…

私がTHINGiファシリテーターになった時の目標が、「私の友達や周りの人にTHINGiをしてもらいたい」で、THINGiファシリテーターも、友達と一緒にできたら楽しいだろうな。って、THINGiファシリテーターになる2年前からずっと思っていたからです。

(このグラフの赤く括っているところによーくみると書いてあります!笑)

あびちゃん
あびちゃん
その夢が昨日叶って、喜びの舞を踊ってしまいそうな気持ちなのです。笑
迷える羊くん
迷える羊くん
いや、どんな気持ちだよ!!!
あびちゃん
あびちゃん
これから喜びの素因数分解をしてみるね✨
迷える羊くん
迷える羊くん
(だめだ…
頭の中がお花畑だ…)

きっと、この、今の気持ち(例え場所がコメダであっても喜びの舞を踊ってしまいそうな気持ち)って、今しか感じることができないものなんですよね。

なので、この喜びを書き留めておこうと思いました。

文字にはなりますが、喜びの舞…スタート!

💃プライベートからの友達とファシリテーターを一緒にできる喜び。

🕺サーフィンを一緒にできる友達もできた喜び。(サーフィン初心者だけどやってみたいなーと最近思ってた矢先だったから驚き!)

💃「やってみよう!頑張ってみよう!」という参加者さんの気持ちに背中を押せた喜び。

🕺THINGiファシリテーターになったことに(前よりも強く)自信を持てた喜び。

💃「THINGiファシリテーターの先輩として何か役に立てるかも!」頼りにされている感覚をキャッチできた喜び。

🕺えんまりさんに「あびちゃん、本当に変わったよね!」と成長を認めてもらえた喜び。

…たくさんありすぎて、踊り疲れました。笑

どれも私にとって本当に大切な「喜び」という感情です。

この「喜び」の中でも特に「🕺THINGiファシリテーターになったことに(前よりも強く)自信を持てた喜び。」は、大きいです。

少々前置きが長くなりましたが、今日の記事では、私がTHINGiファシリテーターになる前、THINGiを受けて思ったこと、ファシリテーターになるか迷った時の気持ちなどなどを、2年前に作成したグラフを元にお伝えしていければと思います。

迷える羊くん
迷える羊くん
…え!?2年前に書いた気持ちのグラフ???
あびちゃん
あびちゃん
そうそう。当時、私は島根県にいて学生だったのね。ファシリテーターの試験を受ける日程がだいぶ先になっちゃってたから、えんまりさんがそれまでにやってみる?って言ってくれて、課題を出してくれたの。

その課題の内容が

課題内容

✅THINGiをする前
✅THINGiをしたあと
✅THINGiファシリテーターになる前

の気持ちを書き留めるというものでした。

↓書き留めたグラフがこちら…!

ちなみにこのグラフは、今に繋がる過去の選択のオンパレードです!

画像だとみにくい部分もあると思うので、文字でも書いていきますね!

THINGiを始める前の気持ち

 

5/20-5/30:THINGiをする前

THINGiゲーム会をYさんから教えてもらって知る。

“THINGiゲーム会”を初めて知った時、「なんだか楽しそう!」と思った。

元々、絵を描くことやものをつくることといった、

自分の好きなこと、得意なことを仕事の1つ(副業)にしたいと思っていた。

だから、「仕事の1つにする術を誰かから、楽しく学べればなぁ〜」と感じていたので、THINGiゲーム会だとそれが叶うかも!と思った。(THINGiを通して出会った方のおかげで叶っている!)

また、今、益田で(島根県で私の第二の故郷。いや心の故郷。大好き。)高校生が積極的に地域でて、益田の素敵な大人たちと繋がることを目的に仕事をしている。

(中略)

私が、益田の高校生にTHINGiで学んだビジネスのことを伝えられたらいいな。と思った。

(この目標、たくさんの人の協力のおかげで叶いました。

島根県益田市まで、
THINGi開発者のクラウドクリエイションズ代表石原佳史子さん(えんまりさん)、THINGiファシリテーターの中西希望さんがわざわざきてくれて、高校生にTHINGiを体験してもらうイベントを開くことができました…!

その時の様子はこちらの記事を読んでみてね。)

THINGi体験レポート②〜高校生からビジネスについて学ぶ〜 こんにちは、ライフキャリアコーディネーターの安孫子です😊 この記事では、THINGiゲーム会の様子や参加者様からの生の...

高校生にTHINGiを体験してもらうと言う目標を叶えることができて、すごく嬉しかったのを覚えています。

 

理想の人生を描くワークをしてみた時の気持ち

 

5/30:理想の人生を描いてみた

理想の人生を描くワークをしてみると、
自然の中で、大切な人(当時はいなかったけど、今、とても大切な人ができました!笑)家族と一緒に穏やかに暮らしたい。

自分の好きなこと、能力を活かして、目の前の人と向き合いながら行える仕事をしたい。
(少しずつ形になってきている!)

両親にここまで育ててくれた恩返しで、旅行をプレゼントできるくらいの余裕のある生活。(これはまだまだ。自己投資もしながら学びと実践をしていきます!)

THINGiを受けた時とファシリテーターコースの存在を知った時の気持ち

 

6/1 お初THINGi+ファシリテーターコースの存在を知る

THINGiゲーム会に参加して、ビジネスを楽しく学べることはもちろん、生き方も学べることを確信した。(たった1回ゲームを体験しただけで!?っていう感じですよね。でも当時、本当にそう感じたみたいです。)

ゲーム内で登場したカードについてもっと知りたいと思ったし、学びたいと思って、ワクワクが止まらなかった。

また、ワークスタイル起業の考え方に共感した。

どう生きたいのか、自分の理想の人生を叶えるためにビジネス(仕事やスキルなどを含めたもの)がある。

 

(そして、ファシリテーターコースの存在を知った。)

ファシリテターコースの講座の受講には、

10万円が必要。

貯金もない。クレジットカードも持っていない。(当時は学生だったしね…)

親に相談したところ「もう少し考えなさい」と言われる。

学業のこともあるし、両立は難しそうだなぁ。

と、

次第にできない理由を並べるようになっていた。

迷える羊くん
迷える羊くん
THINGiを受けた直後は、あんなにファシリテーターやる気満々だったのに….諦めモードに入っていったの?
あびちゃん
あびちゃん
うん。実はそうなんだよね。金額のこともあるし、両親からの賛成ももらえなかったし。って、できない理由ややらない理由が積もってきて、目の前にあったはずの「ワクワク」 が薄くなってきてたんだよね。だから、えんまりさんと、THINGiゲーム会を紹介してくれたYさんに、断りのメールを送ったんだ〜
迷える羊くん
迷える羊くん
ええええ!

この、断りのメールを送ったあと。
えんまりさん、Yさんが励ましのメールを送ってくれて。
その内容がすごく嬉しかったのを覚えています。

From えんまりさん

やるための方法はいくつもあるよ。
あとは自分で決めてみよう。

From Yさん

ピン。と来たのなら、簡単に諦めたらいけないよ。

この時、できない理由、やらない理由ばかり考えて、「できるためにどうするか」を考えていない自分に気づきました。

自分が本当にやりたかったら、
「どうやったらできるかな?」とできる方法を考えよう!と前向きな気持ちになることができました。

ファシリテーターになった後の未来を想像した時の気持ち

友達と一緒に未来をつくっていきたい。

 

6/2①:友達とのおしゃべりの中で

友達と話をしていて、ふと、この人たちと一緒に働いたり、お金をもらって何かをやれたら楽しいだろうな。と思った。「自分の好きな人・大切な人が幸せにいきる」という自分の理想の人生の1つを叶えたいと思うようになった。(今は、幸せに生きる目標の中に、自分もしっかり入れてあげられるようになりましたよ(^^))

大好きだからこそ、両親にも応援してほしい

 

6/2②:両親に改めて思いを話す

両親に改めて思いを話し、お金は自分で払う。(当時のインターンの1ヶ月分の給料だった…)けど、講座を受講することには賛成してもらえた。自分のやりたいことをする方法としてクレジットカードをつくることを決める。(初めての自己投資…しかも初めてのクレジットカード…ドキドキ)

当時は私がTHINGiファシリテーターになることを反対していた両親ですが、今年、私のファシリテートでTHINGiをしてくれました。その様子はこちらの記事で書いています♪

【THINGi体験談No.26】実の親子でTHINGiをしてみた!〜20年以上一緒にいるけど知らなかったよ。。〜 今回のTHINGiは、川口市で親子THINGiを開催させていただきました! 親子THINGiとは文字通り、親子です...

私を心配してくれて、THINGiファシリテーターになることを反対していた両親は、
今ではTHINGiファシリテーターとして活動している私を認めてくれて、応援もしてくれています。

そのことをえんまりさんに伝えた時、THINGiを作った時、えんまりさんが描いていた理想の未来をお話ししてくれました。

 

「THINGiを作ったとき、THINGiに関わっている人の両親やおじいちゃん、おばあちゃん、親戚、いとこも応援してもらえるようなものになればいいなって思ってたんだ。

だから、あびちゃんがその夢を叶えてくれたのが私も嬉しい!

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・


「……惚れてまうやろーーーーーーーーーーーーーーーー!」

まじでこんな感じです。

えんまりさんの元でビジネスを学びながら、実践できてよかったと心から思った瞬間は、たくさんありましたが、私が大切に思っている家族のことも、考えてくれていることを知った時、すごく嬉しかったです

初めて二桁の自己投資をした時の気持ち

 

6/11:クレカで初の2桁の自己投資。10万円振り込む

気持ちが固まって、クレカを申し込み、カードが届きました。

これは後日談にはなりますが、

カードで借りられる1ヶ月の上限が10万円と知ります。
(当時は学生だったので借りられる上限がありました…笑
あ、あとここ、笑うところですw)

でも、これは特に障壁には感じなかったです。むしろ、もう一度、両親にきちんと話すきっかけができてよかったかも。って思っていました。

10万円以上クレカを使うとき、学生は、親からの承諾が必須だったので、再度改めて親に電話をしました。

親も承諾してくれて、クレカで初の二桁の自己投資をしました。

ボタンを押す時、もう、ドキドキしました。

一人で携帯を持ちながら自動販売機の前をウロウロしながら(なぜか外にいました。)

本当に大丈夫か?

いや、大丈夫にするんだ。

いけえええええええええええええ!
よろしくお願いしまーーーーーーーーす!

1人映画サマーウォーズさながらにボタンを押し、初めての自己投資が完了しました。

まとめ

私にとっての初めての自己投資は、THINGiファシリテーターになることでした。

正直、当時学生の私にとっては、すごく大きい金額ですし、悩んだし、何度もお金のマインドブロックが発動しました。

お金のマインドブロックが発動した時、私の場合は「できない理由」探しが上手になります。

両親が…

お金が…

と、たくさんのできない理由が噴水のように頭から湧き出ました。

できない理由が、頭の中のワクワクをかき消して、断りのメールをえんまりさん、Yさんに送った時、2人から帰ってきたメッセージは

やる方法はいくつでもあるよ。
あとは自分で決めてみよう!

ピンときたものを簡単に諦めちゃダメだよ。

でした。この2つの言葉があったから一歩を踏み出せたんだなって思います。

私も、今回THINGiファシリテーターになった二人にとってそんな存在で在りたいし、今後、私のTHINGiワークショップに参加してくれる方にも、楽しく今とこれからに向き合える時間を提供したいと思っています

迷える羊くん
迷える羊くん
ぬおーー!僕も何か一歩踏み出したくなってきたよ!あびちゃんがTHINGiファシリテートをする場所や、日にちとかってもう決まってたりする???
あびちゃん
あびちゃん
うん!7月のワークショップの開催はまだ空きがあるから、参加できるよ!

私が開催するTHINGiワークショップは、現在島根県益田市と、東京都目黒での開催を今後も予定しています。

今月(6月26日)島根県益田市でTHINGiワークショップを開催予定だったのですが、コロナウィルスの関係で7月17日に延期にしました。

こちら益田市開催は残り1枠空きがございます。
目黒開催は残り1枠空きがございます。

7月17日(土)13:00-17:00
@島根県益田市/残り1枠
6,380円(税込)

7月24日(土)13:00-17:00
@東京都目黒/残り1枠
6,380円(税込)

自分のこれからの働き方や生き方を、ボードゲームで遊びながら見つめ直すワークショップです♪
ほんっとうにオススメなので、ぜひ一度参加してみてください!

詳細はお申し込み後、メールで送らせていただきます😃

一緒にワクワクする未来とそれをどのように叶えていくかを楽しみながら、遊びながら学んでいきましょう✨

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です