あびのブログ

イラスト

似顔絵セラピー体験レポート①〜自分の好きがわからなかった過去の色は何色?〜

こんにちは、
似顔絵セラピストの安孫子です☺️

似顔絵セラピー??

似顔絵セラピーとは…

カラーセラピー療法で
対話を行い、
自分の無意識と意識のズレを整えた後に
色と線を使って
その人を表現した似顔絵を
お渡しする、
一連の流れのことを言います。

心と身体を元気にし、
無意識下にある想いを
お客様が心地よい形で引き出し
忘れたくない大切だと思うことを
心に留めておくことを
目的にしています。

そのツールとしての似顔絵です。

皆さんは、自分の「好き」を胸を張って言うことができますか?

自分はこれがいい。

理由は特にないけど、
でも、なぜか惹かれてしまう。

そんな自分の心を動かす直感、
感性を基盤に。
本日も素敵なお客様と
セッションをすることができました。

本日の記事はお客様との
セッション内容を許可をいただき
記載させていただきます。

こんな方にオススメ

・自分の好きがわからない。
・なんだか、自分じゃない誰かの人生を生きているみたい。と感じる。
・ノーと言えない。なんだか相手に申し訳ない気がする。

では、対話形式のセッションの様子をご覧ください。

井辻さんの好きなお色を教えてください。
今だからわかる。私の「好き」

小さい頃からが好きでした。

友達や、両親、

周りには「赤」「黄色」と

言われることが多かったんですけど。

自然と調和できるような

落ち着いて自分が自分でいられる、

心地よいなぁ。と感じるのは青色。

ガラスの底の光と反射した水色や

深い海の色のような青。

空だと夜空と夕日の間の色がすごく好き。

そうなんですね!なんだか少し意外でした。私も井辻さんは黄色とかオレンジとか。前に前に進んでいくような。井辻さんの色味はそっちかなって思っていたので。
今は苦手も嫌いも愛おしい一つの要素。

よくいわれます。笑

そう言う自分も
嫌いなわけではないんですけど、

何しろ小さい頃は

なぜか目立って
目をつけられやすい人だったんです。

しっかりもので、

リーダー気質もすこしあって。

周りからの期待に応えたい!

って気持ちとか

ちゃんとしないとって気持ちとか。

そう言うのがたくさんありました。

でも、

本当はゆっくりと流れる、

その瞬間瞬間を見せてくれる、落ち着いた自然の色が好きなんですけど、なんだかね。笑

母からよく「早くしなさい!」って言われていたので、

気持ちがせかせかしちゃったり、
目立つ色は今でも少しだけ身につけるとそわそわしてしまうんです。

でもだからといってそう言う色が嫌いか。というとそういうわけではなく。

周りからみると私は

暖色のイメージで

それが似合うとも言われます。

そんな自分もいるんだなぁって

そういう自分も愛おしいなぁって

「今」ではそう思えるようになりました。

なるほど…。なんだかすごく好きなエピソードです。特に、今は暖色も受け入れられる。って、そう「今」を捉えている井辻さんにとっての「今」は何色ですか?

白、黒、透明ですね。

私、今のテーマが、拒否をできる自分になるっていうのがあって

ノーと言える人になりたいんですよね。

それは例え大切な人でも。

ノーと言えないのって相手に申し訳ないという気持ちよりも、ノーと言ったあとに自分に降りかかる事がただいやなだけで

本当の意味で相手を思っての行動じゃない時があると思うんですよ。
相手のせいにして、自分に降りかかるものを避けたいだけみたいな。
それはすごくもやっとするんです。心の中で。

だから相手のことをほんとうに思って伝えるノーを育てていきたいし、

相手のことをほんとに考えられる自分でいたいって。すごく思うんですね。

人のせいにして生きて行きたくないと言うのもあるかな。

自分のありのままに近づくために

最近気づいた自分のことの中で

それが1番大きいですね。

そうなんですね。きっと、それが白を選んだ理由でもあると思うんです。白はありのまま。シンプル。という意味があって。きっと心から望んでいるからそうなのかもしれないですね。
自分に付いた色々な色を剥がしてみたい。それが「今」

そうですね。

私が今こうして生きてきて、

その間に知らず知らずについてきた色や

自分で選び取って付けた色や

いろんな色があると思うんです。

私はその色全て愛おしいし大切だと思えるようになりました。

でも今は、イメージでいうと

一つ一つ自分の身から剥がしていって

ちょっと客観的に。俯瞰してみたいなって。

そんな気持ちがあってだから、

どんな色にも混ざらない黒や

透明という色を選んだのかなって思います。

なるほど。そこまで自分を客観的に見られるって素敵なことですね。では井辻さんの未来を表す色はなんですか?やはり、白、黒、の無彩色でしょうか?
私にとっての愛の色は「紫」

それが、実は違って。

私、紫な自分で在りたいんですよね。

紫って私にとっては

愛の色なんです。

一般的に、愛の色は、赤っていうイメージですが敢えて紫なんですね。

はい。

紫って赤と青が混ざり合った色ですよね。

嬉しい、悲しい、楽しい、苦しい。

本当に色んな感情が、

合わさってできた色だって思うんです。

私の中での愛は、あったかいだけじゃない。

時には冷たく。時にはあたたかく。

色んな温度を持って生きてるものが愛だと思ってます。

だから寒色も暖色も混ざった色なんですね。

はい。そうなんです。

では最後に井辻さんの過去の色って何色なのでしょうか?
過去の自分は、何が好きかわからなかった。

私の過去には、色がありません。笑

え?

小さい頃、心では青を握ってました。

自分のペースでゆったりと時間が過ぎていく自然の青。

でも、当時はそんなことは分からず。

母に「オレンジが似合うね」と言われたら

オレンジが好きになったし

友達に「赤が好きそう」って言われたら赤が好きになります。

その時その時の正解を
相手の顔色を見ながら
探って考えて
捻り出していたのが
私にとっての過去だったので

色は、ない。といった方が私の中でふにおちます。

自分の好きがわからない、他人軸でも生きていた。ということでしょうか?

はい。そうです。

社会、両親、友達。

自分の周りにとっての正解を生きる。

それが正しいと思ってたので、

ヤンキーとかすごく苦手でしたね。笑

規則を破るとか

その当時の私からしたら意味がわからなかったです。

今は好き?というか愛おしいですよ!

自分の心のどこかに正直になってる
んだなーという意味で!

井辻さんが思う、「ありのままに生きる」

自分の心に正直になって、
ありのままに生きる。

って、言葉にすると簡単だけど、

私は難しいことだと思うんです。

だって、かっこ悪い自分を見つめて、

そこも受け入れて
あげられるようにならないといけないから。

そんなことより、

かっこいい自分。

見ていたい自分を見ていた方が

気分もいいですし。

楽です。

でも、自分のかっこ悪いところも

どうしようもないところも

きちんと見つめて、

愛する。

自分にたくさん話しかけてあげる。

それをすることで、

少しずつ少しずつ自分のことを
ありのまま愛することができるように
なるんですよね、きっと。

セッション後。グラレコ想作

夜に向かう夜空の中に
井辻さんの好きな者、こと、
過去〜未来までの色を描かせていただきました。

井辻さんが選んだ「青」は、
冷たさや、冷静さを表すというよりも
井辻さんが井辻さんとして
いられるためには
必要不可欠な青。

潤いや、豊さを象徴しているように
感じられます。

では、グラレコを井辻さんに
送らせていただきます。

井辻さんが
そのグラレコから
インスピレーションを受け、
書き足していきたい
ものや、言葉をヒアリングして
修正していきます。

最終的に出来上がったものが
コチラです。

だいぶ変わりました…!

井辻さんからのリクエストで
プレアデス星団
流れ星を夜空に
書き加えさせていただきました。

そして、
左端に「オールOK」
という文字。

このグラレコは
お守りみたいに、
見ると、
その人の原点に立ち帰れることを
目的に作成しています☺️

好きなものや、
すきな言葉をふんだんに
ちりばめ、
心に留めておく。

そんなグラレコが
であれば嬉しいです☺️

では、次に

似顔絵を描いていきます。

グラレコから似顔絵を創作

今回の井辻さんの似顔絵は
青と紫をベースに
描かせていただきました。

夜空なのに
あたたかい。

さむーいキャンプ場に
毛布にくるまって
焚き火に当たってみる
星って、
最高ですよね…

なんだかそんなイメージです。笑

自然の中の一瞬一瞬を
みるのが好きな
井辻さん。

流れ星もそれを表していますね。

髪の毛が夜空に透けているのは
自然、ナチュラルに、
ありのままで生きていきたい

そんな井辻さんの想いを
込めさせていただきました。

今回は描かせていただき、
本当にありがとうございました。

対話とカラーセラピーを通して
そのかたのことを
知ることはとても楽しくて
学びがあって、
なんだか
こっちまで幸せな気分に…❤️

あなたも自分のことを
色で紐解いてみませんか?

今まで知らなかった自分が
垣間見えるかも….!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です