あびのブログ

イラスト

益田市小野地区バトミントンサークルのロゴをデザインさせていただきました。

こんにちは、あびです☺️

益田氏小野地区の
バトミントンサークルのロゴを
デザインさせていただきました!

ニヒルな笑顔がいい味出してます☺️

今回の記事では、

ロゴのデザインを受けてから、

完成→納品に至るまでのプロセスのうち、
依頼を受け、お客様とイメージやデザインを共有し、
デザインを固めていく過程を
お届けしようと思います!

デザインのお仕事に興味がある方、
イラスト、デザインのお仕事を依頼してみたい方は
ぜひ参考にしてみてくださいね。

依頼を受け、お客様とイメージやデザインを共有
糸電話のイラスト

今回は電話とメッセンジャーを使い、
イメージやデザインを共有しました。

主に聞いた事は以下の通りです。

・使用用途
・どんな団体、人が使うのか
・どんな想いを持った団体なのか
・依頼主の想い
・デザインのイメージ画像

使用用途は、印刷用に使用するのか
またはWEB上で使用するのかで
データの解像度や大きさが変わってくるので
必ずヒアリングします。

上記の項目の中で私が1番大切にしたいと考えているのは
・どんな団体、人が使うのか
・どんな想いを持った団体なのか
・依頼主の想い
です。

小野地区のバトミントンサークルは、
活動をバトミントン以外にも広げて行こうと考えておられる
サークルです。

・インパクトのある
・一度見たら忘れない
・「なんか、かっこよさげじゃん…?」子どもたちも食いつきそうなロゴ

この3つは特に大切にした部分でした。

地域活動とか地域貢献とかするなら
もう少しクリーンなイメージのロゴの方が
いいのでは…???
女性の表情のイラスト「疑問」

ロゴにも入っている、「Aggressor」という文字。
これは航空機が訓練をするときに
「敵役」として飛行する航空機のことを指します。

一見、「クリーン」なイメージと真逆のように
感じるかもしれません。

ですが、ココに依頼主の想いが詰まっています。

この、小野地区を含む
益田市という市は日本で「過疎」という言葉が発祥した場所です。
加えて少子高齢化などの地域課題があります。

学校が閉校になり、
人と人とのつながりが希薄になるきっかけが
少しずつ増えてしまっている中、
バトミントンという共通の趣味を持って集まった
集いがあることはとても素敵なこと。

この集いの輪を小野地区だけではなく
いろんな地区でも広げていきたい。

そのためなら、
「敵役でも買ってでます!」

そういった依頼主の益田市への熱い想いが
詰まっているんです。

目や、星の色は渋いオレンジの色。
これは柿本人麿の「柿」にかけた(?)色味です。

ピン!とくる色味になるまで話し合い、
細部までこだわる事ができました。

終わりに

今回のロゴデザインを経て、

お客様の想いを形にする上で、
コンセプトを伝える際、
まだまだ言葉に頼ってしまう箇所があります。

真摯にスキル面とは向き合いつつ、
目の前の相手ともしっかりと向き合って
その人の想いを形にすることを
精進していきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です