あびのブログ

振り返り

2019年の振り返り。

新年あけましておめでとうございます。
ライフキャリアコーディネーターの安孫子麗美です☺️

年の初めは、新しい目標や夢、ありたい姿を掲げたくなりますよね。

今年はどんな年にしようかな〜。と考えるとワクワクする、好きな瞬間。
去年もそんなことを手帳に書いていたな〜と思ったので、去年の手帳をひっぱり出してきました。

…こんなことを考えて1年過ごしていました。
この手帳に書かれているのだと、こんな人でありたい。と、こんなことをしたい。が混在しているので、少しだけ整理してみました。

●こんな人で在りたい
人の幸せを願う.
あったかい人である.
「あびだからだよ」って言われる人になる.

●やりたいこと
ワクワクすることをする.
心をきれいに保つ.
綺麗な言葉をつかう.
笑顔でいる.
違和感は正直に伝える.
1人の時間も大切にする.
心で記憶する.
自分をありのままに受け入れる.
あったかい連鎖を届ける.
その人らしさを表現する.
体感→考える.
自分の人生は自分で決める.
人のせいにしない.
自ら学ぶ.
自分の現状を伝えていく.

こうみると抽象的な言葉が多いです。だから、この記事を読んで下さっている方で私を知らない人だと、「!!!??」の状況ですよね。ごめんなさい。

でも、この抽象的な言葉そのものが、2019年の私そのものだなって思います。

自分は何者なのか。どんなことをこれからやっていきたいと思っているのか。

自分の心に耳を傾けて、ぐるぐる考えながら動いた1年でした。

そんな2019年の諸々の振り返りを写真や絵を交えながら振り返りしていこうと思います。

2019年の主な諸々はこんなこと。

●CDJで年越しライブをする
●Instagramにイラストを投稿する
●大学院を休学する
●埼玉→島根県にIターン。そこで大学生の時にしていたNPO法人のインターンをする
●自分ビジネスについて遊びながら学べるボードゲームTHINGiのファシリテーターの資格をとる
●関東の友達とハンドメイドアクセサリーショップを益田市で出店
●素敵な人に出逢えて、付き合うことができた
●大学の文化祭でライブをする
●弾き語りライブイベントにでる
●自分のイラストやデザインでお金をもらう
●THINGiボードゲームのゲーム会を1人で開催できた

こう振り返ってみると、濃ゆい1年でした。(笑)
一つ一つについて記事が書けるくらい、波乱万丈なことがたくさん。

この1年、私の生き方の指針になった言葉は元吉本の芸人さんの島田紳助さんの言葉、「心で記憶する」でした。

心で記憶するとはどういうことかというと、
いろんな美しいものをみたり、素敵な人に出逢ったり、行ったことのない場所に行って、自分の心が動く瞬間を自分で感じるということです。

今年の4月から島根県益田市に移住して、海、山、川の豊かな自然がすぐ近くにある場所で生活しました。そこで、生き生きと働いている大人に出逢いました。
「こうなりたい」「こうしたい」に素直で、まっすぐで、パワーのある大人に出逢えて自然と私自身も「こうなりたい」「こうしたい」が見えてきました。

友達とハンドメイドアクセサリーショップを初めて益田で出店した8月。
「買ってくれる人、いるかな〜」
とドキドキしながらお店を開いた。

私がつくったアクセサリーが売れるとかはわりとどうでも良くて。(笑)
友達が嬉しそうにお客さんとお話ししているのが嬉しかった。

特別大きなことではないし、たくさんお金をかけたわけではないのに
心の中に、じんわりとあったかく残っている言葉や人がたくさん心の中にある。

心で記憶する。

今年も、この言葉を大切にして、ワクワクすることをして生きていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です